テトリスプラスのパズルモードをやり込んだ

落ちものパズルの元祖と言われているテトリスというゲームがあります。テトリスは様々なハードが販売しており、その種類によって微妙にルールが違う場合があるようです。

私がやったことのあるテトリスはセガサターンのテトリスプラスというもので、一日中やりこんだことのあるゲームです。テトリスプラスにはブロックを積んで消すノーマルモード、キャラクターをゴールに導くパズルモードなどがあるのですが、私は主にパズルモードをプレイしていました。というのもノーマルモードは最初は順調にプレイできますが、時間が立つにつれブロックが落ちてくるスピードが速くなり、手がついていかないのです。しかもノーマルモードにはクリアというものがなく、ブロックを消せば消すほど続けられるモードなのです。

そのため私はクリアができるパズルモードをプレイしていました。教授と呼ばれるキャラクターをゴールに導けばステージクリアなため、ブロックをすべて消す必要がないのです。だからといってノーマルモードより簡単というわけではありません。時間制限があるため、その時間内にいかに効率よく教授をゴールに導くかが重要になってきます。かなり頭を使うので、脳トレにはもってこいです。慣れてくればステージを見るだけでクリアの方法がすぐに分かってきます。中には何度プレイしても最短のクリアの道が見えないのもありますが、そういったときは根性あるのみです。