頭を使うゲームが好き

頭を使うゲームが私は好きです。そんな私がハマッたのが「スローンとマクヘールの謎の物語」です。
水平思考をモチーフとしたゲームで、結末だけが描かれた問題文から何が起こったのかを推理していくというものです。水平思考という言葉はこのゲームで初めて知りました。

問題は本当に不可思議なものが多く、質問して情報を得ないことには答えにたどり着くことは難しいです。質問をすると、はい、いいえ、関係ないのどれかで返答されるのですが、これは重要だと思って質問したら関係ないと返ってきたときには推理のやり直しです。
まったく見当違いに考えていたことも多く、質問をうまくしないと答えにたどり着けないゲームシステムはよく練られています。

答えが分かって解説を見ると、一見不可思議な状況も実はそれほど不思議なものではなかったという場合も多く、問題の出し方がうまいとつくづく思います。

そして問題文に登場するキャラクターがすべて影絵で描かれているのも不思議な世界観を醸し出す重要な要素だと思います。影絵だからこその味わいというか、ゲームの世界観に引き込まれるのです。

すぐに分かる問題もあれば何時間考えても答えにたどり着けないものもあります。
答えるときにはキーワードを繋げて回答を導くというものなので、答えが分かっていなくても何回か挑戦すれば正解にたどり着くこともあるでしょう。
しかし私は確実に答えが分かってからでないと答えるのはイヤだったので、そういったある意味卑怯な方法は取りませんでした。

ノベルゲームを買取に出しました

上記もゲーム好きのブログです。